操作・設定

iPhoneのアクティベーションロックを強制解除する方法あれこれ

iPhoneには不正利用を防ぐためのセキュリティ機能があらかじめ搭載されています。

アクティベーションロックという言葉を聞いたことがある人もいると思いますが、アクティベーションロックが自動的にかかることで、Apple IDとパスワードを知らない人が起動できないようになります。

アクティベーションロックのメリット

アクティベーションロックが働くことで、例えば紛失してしまったり、盗まれてしまったりしたときに、不正に使用されるのを防げるので、例えば連絡先などの個人情報を抜き取られるといった被害に遭わずに済むわけです。

デメリットもある

アクティベーションロックがあるということは、それだけセキュリティが強化されているということを意味します。

もしApple IDやパスワードを忘れてしまった場合、どうなってしまうのかというと、iPhoneを起動することができなくなってしまい、文鎮化してしまうことさえあります。

再起不能になってしまう恐れも

もし起動できなければ二度とiPhoneが使えなくなってしまうので、とても困ってしまうわけですが、仮にアクティベーションロックがかかり、ロックを解除できない場合、強制的に解除する方法はあるのでしょうか。

アクティベーションロックのかけ方

アクティベーションロックを解除する方法について知る前に、まずはアクティベーションロックのかけ方を知っておきましょう。

iPhoneの設定機能の中に「iPhoneを探す」という項目があります。

ここでアクティベーションロックをかけられます。

他の端末からロックする

例えば外出先でiPhoneをなくしてしまった場合など、iPhoneを不正利用される可能性が生じる場合、他の端末からアクティベーションロックを掛けるようにしてください。

こうすることで、情報を盗み取られたり、不正利用されたりすることを防げます。

パスコードを忘れたら

iPhoneには他のセキュリティ機能としてパスコードロックがあります。

6桁のパスコードを入力して解除するわけですが、何らかの理由でパスコードを忘れてしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

Appleのサポートセンターに問い合わせることで解決できますが、自己解決できる方法があると助かります。

工場出荷状態に戻す

手っ取り早いのがiPhoneを工場出荷状態に(初期化)する方法です。

すべての機能をリセットするので、バックアップをとっておく必要がありますが、バックアップをとっておけば簡単にできるので、まずは試してみたいところです。

iPhoneを初期化する方法

iPhoneを初期化するためには、iTunesを使う方法、iPhone本体から設定する方法、iPhoneを探すから設定する方法の3つがあります。

一般的なのがiTunesもしくは本体から初期化する方法です。

iTunesで初期化する

iTunesから初期化する場合、パソコンとiPhoneをライトニングケーブルで接続し、iTunesからiPhoneを復元させます。

この作業を行うことで、iPhoneを工場出荷状態に戻すことができます。

初期化する際、iPhoneのデータがすべて消去されるのでバックアップを取るのは忘れないようにしてください。

iPhoneで初期化する

iPhoneから初期化をする場合、「設定」→「リセット」→「すべての設定をリセット」と進みます。

これでiPhone内のデータが消去され初期化されます。

後はiTunesからの復元と同じく、復元作業に入ります。

復元をする

iPhoneを復元するためには、iTunesもしくはiCloudバックアップから復元を行います。

スポンサーリンク

これでiPhoneの状態はリセットされ、パスコードなども合わせて設定することができます。

問題点

iPhoneの復元方法を説明しましたが、時折アクティベーションロックがかかってしまうことがあります。

アクティベーションロックがかかってしまった場合、Apple IDとパスワードの入力が必要になります。

どちらともわからない場合、iPhoneを起動させることができなくなってしまい、使い物にならなくなってしまいます。

アクティベーションロックがかかってしまう事例

アクティベーションロックがかかるケースにはどのような事例があるのでしょうか。

その1つが中古のiPhoneを購入した場合です。

前の所有者がiPhoneを探すをオフにしておらず、アクティベーションがかかってしまい、起動できなくなってしまうのです。

ロックがかかったら

この場合、前の所有者からApple IDとパスワードを教えてもらえればよいのですが、必ずしもそうできるとは限りません。

場合によっては返金してもらえることもあるので、どちらかを選ぶことになります。

海外で起きる問題

時折海外でiPhoneを購入し、アクティベーションがかかった状態になっていることに気づくことがあります。

現地で返品できればよいのですが、気づくのが遅かったり、言語の壁があり返品できなかったりすることもあるようです。

強制解除する方法がある

このような場合、泣き寝入りする以外に方法はないのでしょうか。

このようなケースでは業者にアクティベーションロックの強制解除を依頼することができるかもしれません。

あるいは強制解除できるソフトやツールを活用する方法もあります。

この点は後ほど解説します。

IDとパスワードを忘れた場合

別のケースとして、リカバリした際にApple IDとパスワードを忘れてしまって起動できない場合があります。

このような場合、3つの秘密の質問と答えがわかればサポートセンターで解除してもらえるのですが、それさえ忘れてしまった場合、どうしようもなくなってしまいます。

ロック解除できない場合は業者かツールを活用する

iPhoneが何らかの理由でアクティベーションロックがかかった状態になってしまうと、Apple IDとパスワードが分からなければ、起動させるのは非常に困難になります。

ただし前述の通り、専門の業者に依頼したり、ソフトウェアやツールを活用したりして解除する方法を試せます。

業者に依頼する方法

専門業者に依頼する場合、信頼できる業者探しが課題になってくると思います。

一定の評価を得ているのが香港の小籠茶館で、iPhoneのIMEIさえわかればアクティベーションのファクトリーロック解除ができます。

費用がある程度かかる

小籠茶館に依頼する場合2万円~3万円強の費用がかかります。

費用対効果を考えてから依頼するかどうかを決めることをおすすめしたいと思います。

仮にIMEIを間違えて依頼した場合、費用は返金されないのでここも注意しておきたいところです。

他の業者はどう?

他にもアクティベーションロックを解除してくれる業者があるようです。

スポンサーリンク

ヤフオクなどでは1万円程度で代行してくれる業者が出品しています。

ただし信頼性については保証できないので、あくまで自己責任で実施するようにしてください。

ソフトやツールで解除する

中には業者にアクティベーションロックを依頼するのが不安だと感じる人もいると思います。

そのような場合、アクティベーションロックを強制的に解除するソフトやツールを活用して、ロックを解除することも可能です。

ソフトを利用するメリット

一般的に知られているアクティベーションロックを解除するソフトウェアはいくつかあり、自分に遭ったツールを活用するのが良いと思います。

こうするならあえて業者に情報を伝える必要がなく、秘匿性を保ちながら作業を進められるので安心できるでしょう。

iCloudinを利用する

よく知られているのがiCloudinです。

ソフトをダウンロードしてパソコンにインストールし、パソコンとiPhoneを繋いでアクティベーションロックを解除します。

iCloudinを利用するメリットは、全てフリーで利用できることです。

お金もかからないので、便利だと感じている人が多いです。

Official iPhone Unlockでロック解除

Official iPhone Unlockも無料で利用できるツールです。

このツールを利用するメリットは、ソフトをインストールする必要がないことです。

IMEIを入力して必要な情報を伝えるだけで、後はアクティベーションロックが解除されるのを待ちます。

Official iPhone Unlockのデメリット

Official iPhone Unlockは無料で利用できるので、費用をかけたくない人に向いていますが、IMEIを伝えることになるので、プライバシーが気になる場合は避けたほうがいいかもしれません。

気にならないのであれば利用価値が非常に高いツールだと言えるでしょう。

ソフトやツールを探す際の注意点

他にもネット上を探すとアクティベーションロックを解除するツールやソフトが出回っていますが、注意して選ぶことが必要です。

中にはフィッシングサイトもあるので、安全なものを利用するようにし、事前に利用した人の感想などもチェックしておくのが最善です。

万一に備えてIDとパスワードをメモしておこう

アクティベーションロックがかかってしまった場合に備えてApple IDとパスワードをメモして保存しておくのが一番良いのですが、必ずしもそうできるわけではありません。

そのような場合には、今回まとめたように、いくつかの方法を試すことになります。

信頼性が高い業者に依頼することで、盗難品でなければほとんどの場合、これでアクティベーションロックを解除することができます。

ただし費用がかかるため、費用を抑えたいと思う場合には、ソフトやツールを活用するのがいいかもしれません。

いずれにしてもアクティベーションロックを解除するのは自己責任になるので、その点をよく理解してロック解除をすることをおすすめしたいと思います。

関連記事