アプリ

iPhoneを機種変更してもLINEデータを残したい人のためのバックアップ講座

iPhoneの機種変更をしたら、LINEのトーク履歴やアルバム、スタンプなどが消えてしまった……という声をよく聞きます。

LINEの履歴は家族や友達、恋人との大切なコミュニケーションの記録です。

これらの記録を大切に保存するために、iPhoneの機種変更時にLINEのトーク履歴を残し、新機種で復元する方法をまとめました。

LINEのトーク履歴を引き継ぐための準備

一昔前は、機種変更時のトーク履歴を引き継ぐ方法として、iPhoneをパソコンにつないでパソコンにいったん保存しておき、新しい機種にそれらのデータを移すといった煩雑な方法を行っていました。

現在では、クラウド機能を使って手軽に引き継ぎができます。

新機種に変更する前の準備の手順は、次のようになります。

LINEのバージョンを最新に更新する

LINEのバージョンがこれまで使っていたものと新機種とで異なると、引き継ぎが上手くいかないことがあります。

古い機種のLINEを最新バージョンにしておきましょう。

LINEのアカウント登録を確認

データを引き継ぐには、旧機種と新機種で同じアカウントのLINEを使う必要があります。

現在のアカウントである電話番号、メールアドレス、パスワードがきちんと登録されているか確認しておきましょう。

パスワードを忘れてしまった場合は、念のために再登録してパスワードをメモしておきましょう。

トーク履歴をiCloudに保存

LINEを最新バージョンにし、アカウントがきちんと登録されていることを確認したら、いよいよデータの保存です。

iPhoneでLINEのトーク履歴を新機種にそのまま引き継ぐためには、これまでのデータをiCloudに保存する必要があります。

その手順は、次のような流れになります。

LINEアプリの設定を開く

LINEアプリを起動させ、左上の歯車型のアイコンをタップして、設定画面を開きます。

設定一覧からトークをタップしてください。

バックアップ開始

トーク画面からトークのバックアップをタップすると、バックアップ画面が開きます。

今すぐバックアップをタップしてください。

iCloudの設定を確認

iCloudに接続されていれば、今すぐバックアップをタップすると、iCloudへデータが送信されます。

接続されていない場合は、iCloudに接続されていませんと表示されるので、iCloudに接続しましょう。

iPhoneの設定画面を開き、iCloudをタップします。

iCloud DriveがONであれば接続されていますが、OFFであれば未接続です。

ボタンアイコンをタップしてONにしてください。

バックアップ完了を確認

バックアップが終わると、前回のバックアップ日時と、容量合計が最新のものに更新されます。

無料で利用できるiCloudの容量は5GBまでですから、他のデータの保存などで5GBを超えていると、バックアップがうまくできません。

スポンサーリンク

このような場合は、不要なクラウドデータを削除しておきましょう。

有料プランで容量の拡張を行うこともできます。

アカウントの引き継ぎをONにする

アカウントをスムーズに引き継ぐために、アカウントの引き継ぎボタンをONにしておきましょう。

LINEの設定画面からアカウント引き継ぎをタップし、引き継ぎ設定をONにします。

この設定をすると36時間以内であれば、このアカウントを別機種でも使えるようになります。

36時間しかありませんから、新機種にデータを移行する当日などに行いましょう。

これで、旧機種での準備は完了です。

新機種への引き継ぎ

旧機種からiCloudにトーク履歴をバックアップしたら、新機種への引き継ぎ作業へと移ります。

iCloudに接続する

iPhoneの設定画面からiCloudをタップし、iCloudのiCloud DriveボタンをONにして、iCloudに接続してください。

LINEを起動

新機種にLINEアプリをインストールして立ち上げます。

インストールしたばかりなので、情報を入力する画面が開きます。

この端末の電話番号を入力する画面が表示されますから、電話番号を入力しましょう。

電話番号を入力すると、認証番号を知らせるメッセージが届きます。

LINEの引き継ぎ

メッセージで送られてきた認証番号を入力して、旧機種で登録していた電話番号と一致すると、LINEが電話番号からユーザーを見つけます。

ユーザー名が見つかると、お帰り+ユーザー名!と、メッセージが表示され、あなたのアカウンですか?と尋ねられます。

ユーザー名に間違いがなければ、はい、私のアカウントですボタンをタップします。

パスワードを入力する画面が開くので、旧機種で使っていたパスワードを入力してください。

引き継ぎを完了させるメッセージが表示されるので、OKをタップするとアカウントの引き継ぎは完了です。

友達自動追加

データの引き継ぎが行われると、友達を追加する画面が表示されます。

友達自動追加と、友達への追加を許可にチェックを入れると、旧機種と同様に友達とのやりとりが可能になります。

追加したくない友達や、追加を許可したくない場合は、チェックを外しておきましょう。

友達追加画面から次に進むと、年齢確認画面が表示されますが、特に問題がなければあとでをタップして次に進みます。

トーク履歴を復元

ここからは、いよいよトーク履歴の復元です。

トーク履歴の復元画面から、トーク履歴を復元ボタンをタップすると、iCloudに保存しておいたデータが新機種のLINEに送られてきます。

これで、旧機種でのトーク履歴が復元され、快適に使えるはずです。

スポンサーリンク

失くしたくない画像はKeepなどに保存

トーク履歴をバックアップしても、引き継ぎのときに何らかのトラブルで画像が失われる可能性があります。

このリスクを解消するために、残しておきたい画像はKeep機能で保存しておきましょう。

LINEのKeepとは?

Keepは、LINEの画像や動画、文章といったデータを保存できるサービスです。

1GBまでのデータなら、無料で保存できます。

保存しても相手には通知されないので、気兼ねなく保存できるのもメリットです。

LINEのKeepの使い方

保存したい画像やトークなどを長押しするとメニューが表示されますから、メニュー項目からKeepをタップ。

保存したい画像にチェックを入れて、保存ボタンをタップすると完了です。

保存した画像を確認するときは、ホーム画面に表示される自分のユーザーネームの下にあるKeepをタップすると、保存したデータが表示されます。

スタンプは再度ダウンロード

これまで使っていたスタンプは、マイスタンプからもう一度ダウンロードして使いましょう。

スタンプのダウンロード方法

スタンプ画面からマイスタンプをタップすると、使っていたスタンプが表示されます。

評されたスタンプから、使用したいものをダウンロードしましょう。

好みのスタンプを1つずつダウンロードすることも、すべてのスタンプを一括でダウンロードすることも可能です。

機種変更してもLINEは今まで通りに!

機種変更をするたびに、これまでのトーク履歴が消去されるのは、とてももったいないことです。

引き継ぎ機能とiCloudを使えば、少しの手間で旧機種の履歴が復元できます。

ぜひ、試してみてください。