ハウツー

iPhoneのバッテリーの寿命をできるだけ伸ばす方法を紹介

iPhoneを長年使っていると、以前と比較して電池の減りが早くなったと感じませんか?

これはもしかするとiPhoneのバッテリーの寿命が近づいているからかもしれません。

このバッテリーの寿命、使い方によっては伸ばすことも可能です。

ここではiPhoneのバッテリーの寿命を延ばす方法についてまとめました。

iPhoneのバッテリーの寿命の目安

iPhoneのバッテリーの寿命は2~3年といわれています。

しかし中にはまだ購入してから2年も経過していないのに、バッテリーがだめで買い替える方も見られます。

なぜ1年以上も寿命に差ができるのか、それは使い方の違いによるものです。

充電のやり方と放電の仕方が正しいかどうかで、寿命もだいぶ変わってきます。

iPhoneのバッテリー寿命を延ばすポイント

ここではiPhoneのバッテリー寿命を延ばす方法についていくつか紹介します。

基本は2つのポイントを押さえることです。

それはフル充電サイクルと放電深度です。

この2つを理解して正しいiPhoneの使い方をマスターすれば、できるだけ長くお手持ちの端末を愛用できるでしょう。

フル充電サイクル

iPhoneのバッテリーは500回フル充電サイクルを繰り返すと、容量の劣化が20%程度に抑えられるように設計されています。

フル充電サイクルとは、フル充電して電池残量が0%になるまで使い切った状態を1サイクルにしたものです。

これは100%の充電と100%の放電が累積で行われると1サイクルとしてカウントされるという意味です。

この部分を誤解している方が多く、充放電の回数をできるだけ減らせば寿命を延ばせると考えてしまいます。

1回充電して放電すると、充電サイクル1回消費されるわけではありません。

放電深度

iPhoneのバッテリーの寿命の中で、放電深度も一つポイントになる用語です。

バッテリー容量に対する使用量の比率をさします。

100%充電してから50%の残量まで連続使用した場合、放電深度は50%です。

0%になるまで使い切ると100%となります。

iPhoneで採用されるリチウムイオン電池の場合、充電深度が深ければ深いほど劣化を早めてしまいます。

放電深度と可能電池使用量を比較すると、100%の放電深度の場合、300~500回の充電回数で70%程度劣化します。

一方50%の場合、70%に劣化するまでに600~750回充電できます。

ここがマックスになるので、フル充電してから50%の電池残量になったところで充電すれば、寿命を延ばせる計算になります。

スポンサーリンク

バッテリー寿命を延ばす具体的な方法

iPhoneのバッテリーの寿命を決めるポイントについて理解できたところで、では具体的にどうやって寿命を延ばすかの方法について以下で紹介します。

やるべきことと逆にやってしまうと劣化を進める手法もありますので、心当たりのあるやり方をしている場合、すぐに改めましょう。

過充電しない

iPhoneのバッテリーの劣化を進める、多くの人がやっていることに過充電があります。

フル充電できているにもかかわらず、さらに充電を続ける行為です。

バッテリーが100%フル充電できているのに、さらに充電を続けると100%の状態を維持しようとします。

そのために小刻みな放電と充電を繰り返してしまうのです。

充電サイクルは累計で100%から0%になる回数ですから、無駄にこのサイクルを消費してしまう形です。

ちなみに充電状態を続けると、電力も消費します。

つまり無駄な電気代を支払っているのです。

iPhoneの画面を見て100%に達したようであれば、速やかに充電を中止しましょう。

温度管理を心がける

Appleの公式サイトで言及されていることですが、iPhoneのバッテリーは高温に弱いです。

40度を超えるような場所にiPhoneを置くと、たとえ使用していなくてもバッテリーの劣化は進みます。

しかも充電中は端末で熱も発生するので、気温よりも高温になりがちです。

充電する際にはなるべく涼しい場所で行いましょう。

また普段iPhoneを使用する際、ケースやカバーを装着している人はいませんか?

そのままの状態で充電すると、熱が内部にこもりやすいです。

充電するときにはケースやカバーを外した状態で行うものいいでしょう。

充電しながら負荷のかかることをしない

iPhoneで動画観賞したり、ゲームしたりする人も多いでしょう。

動画観賞やゲームは大きな負荷がかかります。

使用後、端末が異常に熱を帯びていませんか?動画観賞やゲームをしているとき電池残量が少なくならないように充電も同時に行っている人をしばしば見かけます。

しかしこの方法、バッテリーの劣化を進めるのでお勧めできません。

過充電と端末が高温化するので両面でバッテリーの寿命を早める形になってしまうからです。

こまめに残量を確認する

iPhoneのバッテリーの残量をこまめに確認するのもおすすめです。

放電深度の最適なタイミングで充電するためのほかにも、保管時に確認することも大事です。

中にはiPhoneを長期間使用しないので、電源オフの状態で保存している人もいるでしょう。

スポンサーリンク

もしこの時バッテリーが100%フルだったり、ゼロだったりするとたとえ電源を入れていなくてもバッテリーの劣化が進みます。

できるだけ電池残量が20~80%の状態を保つように心がけると、バッテリーの寿命を最大限に伸ばせます。

充電は80%まで

バッテリーを充電する際、時間があればフル充電したいと思うでしょう。

しかし100%に行く前の段階、80%のところで充電をやめるのも有効です。

これはトリクル充電が関係しています。

iPhoneのバッテリーの充電は常に同じペースで行われていません。

80%までは急速に充電できます。

しかしそこから先は電流を弱めて、徐々に充電する方式を取ります。

80%以上の充電をするのはバッテリーに大きな負担をかけるためです。

長時間外出する際など、100%充電していないと持たない場合を除き、80%までしか充電しないように心がけるとバッテリーの持ちが良くなります。

まさに腹八分目です。

アプリの活用

充電は80%までが理想とは言いますが、こまめに画面で確認するのは難しいという人もいるでしょう。

そんな人にあらかじめ設定した充電量になるとアラームで通知してくれるアプリが出ています。

Charge Alarmというアプリで、80%なら80%とバッテリー残量を設定するとそのラインまで充電できるとアラーム音で知らせてくれます。

ずっと画面をチェックしなくても教えてくれますし、うっかり充電しているのを忘れて過充電の状態になるのも防げます。

正しい情報で充電を

iPhoneのバッテリーの寿命を延ばす方法は、インターネットで調べるといろいろなサイトで紹介されていることがわかります。

しかしこれらの情報の中には正しいものもあれば、誤った情報やいわゆる都市伝説に基づくものも少なくありません。

このサイトで紹介したように、iPhoneのバッテリー寿命を決める基本的な仕組みを理解していれば、どのように充電し、iPhoneを使用すべきかがわかるでしょう。

バッテリーに負担のかかるような過充電を行わない、高温になる環境で充電をしないなど注意しましょう。

もしバッテリーが劣化してしまったのであれば、早めに交換するのがおすすめです。

バッテリーが膨張して、内部に深刻な影響を与える可能性もあるからです。

関連記事