iPhoneケース

iPhoneケースの選び方をタイプ別にチェック! ケースを選ぶ時の注意点

近年iPhoneが急速に普及し、国内外問わず多くの人がiPhoneを利用しています。

iPhoneは小さなコンピューターのようなもので、好きな場所でインターネットを使えたり、また動画閲覧が出来たり、その他多くのことが手軽に出来るので人気を集めています。

そんなiPhoneですが、iPhoneにケースを付けている人をよく目にしませんか。

iPhoneケースにはいろいろなデザインと種類があり、どのiPhoneケースが良いかと選ぶ時に悩んでしまうでしょう。

iPhoneケース選びには、自分がどのような理由でiPhoneケースが欲しいかによって、どのiPhoneケースを利用すべきかが異なってくるので、購入する前に念入りな調査が必要です。

iPhoneにケースを付ける人と付けない人の理由は?

街中を見渡してみると、多くのiPhone保有者がiPhoneケースを付けていることが分かります。

では、なぜiPhoneケースを付けているのでしょうか。

もちろんiPhoneケースを付けない人もいますが、その人たちの付けない理由とは何でしょうか。

iPhoneケースを付ける人の理由

iPhoneケースを付けている人の一番の理由は、「iPhoneを傷つけたくない」などの思わぬアクシデントからiPhoneを守るためにiPhoneケースを付けているということです。

iPhoneケースの種類によっては、落とした時の衝撃からiPhoneを守るものや、iPhone自体を日ごろの生活の中で傷つけないようにするためのものまで、iPhoneをいろんなダメージから守ってくれるという役割を果たしています。

また、「オシャレなiPhoneケースを付けることで、他の人との差をつける」といった理由もあります。

またiPhoneケースにはミラーやカードホルダーなどが付いているものもあるので、そのような便利機能に注目をしている人も多いでしょう。

iPhoneケースを付けない人の理由

iPhoneケースを付けない人の主な理由は、「ケースを付けることでiPhoneとケースの間に熱がこもるのを避けたい」「電波の受信感度を上げたい」など、実用面での理由が挙げられます。

そして中には、「あまりiPhoneの傷を気にしない」という人もいるのは事実です。

人それぞれの考えにもよりますが、「壊れたら修理に行けば良い」と考えている人もいるのではないでしょうか。

iPhoneケースの種類

多くの人が使っているiPhoneケースには、iPhoneケースその物の素材からデザインまで、数多くの種類があります。

どのiPhoneケースが良いかと、iPhoneケースを選ぶ時に悩む人もいるのではないでしょうか。

そこでiPhoneケースを選ぶ時は、自分がどのような理由でケースを使うかということが大きなポイントになってきます。

ハードケース

iPhoneの代表的なケース「ハードケース」は、金属やポリカーボネート素材で出来ているケースです。

ハードケースという名前の通り、硬いケースであることが特徴で、薄いタイプのものもあり、まるでiPhoneにケースを付けていないかのような感触も人気の一つでしょう。

しかしiPhoneへ取り付けたり、取り外しをしたりする時は、ケースを壊してしまう場合があるので気を付ける必要があります。

ソフトケース

シリコンタイプのものが注目を集めている「ソフトケース」は、その名の通りやわらかいタイプのケースです。

触り心地はまるでゴムのように柔らかく、iPhoneへの取り外しが簡単なことが特徴です。

柔らかい素材なこともあり、誤ってiPhoneを落としてしまった時もその衝撃から守ってくれます。

しかし、長い期間同じケースを使っていると変色をする場合があるので、定期的に取り換えることをおすすめします。

スポンサーリンク

手帳型ケース

カードホルダーやミラーなども付いている「手帳型ケース」は、年齢を問わず多くの人から愛用されています。

iPhoneケースなのにその役割にプラスして、小さなお財布のような役割を果たしてくれる手帳型ケースは、画面も含め、全体を保護してくれることからも人気のあるタイプです。

耐衝撃ケース

金属素材やポリカーボネート素材でつくられたものが多い「耐衝撃ケース」は、衝撃に強いだけでなく、防水加工などがされているケースも多くあります。

頑丈なシリコンが、iPhone本体をしっかり保護してくれ、また落下の衝撃だけでなく、水や埃からも守ってくれるので、アウトドア好きの人にはぴったりです。

iPhoneケースの素材の特徴

iPhoneケースは数多くの種類があり、 素材やデザインなどが異なるので、どのケースにしたら良いかと悩む人が多いです。

iPhoneケースを選ぶ時に適切な素材を選ばないと、実際に使用したときに「こんなはずではなかった」と後悔に繋がります。

自分が望んでいる素材やデザインを施したiPhoneケースを見つけることが、とても重要なのです。

ハードケースに多い「ポリカーボネート」

ハードタイプのiPhoneケースの多くのは、「ポリカーボネート」と呼ばれる素材で作られています。

ポリカーボネートの特徴は、強度はアクリルの30倍、またガラスの約200倍から250倍程度の強度であり、耐久性と強度はとても強いと言えます。

また、もしポリカーボネートに火がついてしまっても、火からポリカーボネート素材のケースを遠ざければ 、自然に火が消えるという性質も備えています。

そして透き通るような透明さの特徴を持っていることで、iPhoneケースとしてデザインを綺麗に施すことが出来ることからも人気があります。

木製

多くのハードケースはポリカーボネート製が占めていますが、まれに木材を使っているユニークなハードケースがあります。

自然を生かしたデザインに、ポリカーボネートには劣るものの耐久性に優れていることがポイントです。

あまり見かけることのない木製のiPhoneケースは、他の人とは違うケースを欲しい人にピッタリでしょう。

ソフトケースに多い「シリコン」素材

ソフトケースに多く使われるのが「シリコン」ですが、そのシリコンは柔らかく、iPhoneにもしっかりかぶせることが出来る特徴があることで、とても人気があります。

思わずiPhoneを落としてしまったときに、その衝撃から守ってくれるのが、シリコンの大きなポイントです。

またシリコンはiPhoneに付けても滑ったりずれたりしにくいので、常にきちんとケースを付けることが出来ます。

本革やPU素材

本革やPU素材のiPhoneケースは、手帳型ケースとして使われることが多く、またオシャレなこともあり、とても人気が高いiPhoneケースです。

本革のiPhoneケースは、長らく使用していると劣化し、古く見えがちですが、本革は深い味わいが出るので、古くなった本革iPhoneケースはとても高級感が出てオシャレなのです。

PU素材のiPhoneケースは、見た目は本革に似ているのですが、本革が水に弱いのに対し、PU素材は水に強いのが強みでしょう。

また高額な本革に対し、とても安く購入することが出来るので、iPhoneケースが劣化してきたら新しいものに簡単に交換することが出来ます。

しかし本革とPU素材を比べてみると、やはり本革の方がつやがあり高級感があるのは事実です。

本物志向の人は本革iPhoneケースを、コストを抑えたい人や色々iPhoneケースを変えたい人にはPU素材のiPhoneケースをおすすめします。

TPU素材

TPUは「熱可塑性ポリウレタン」のことですが、ソフトケースで使用されるシリコンとハードケースで使用されるポリカーボネートをミックスしたような素材です。

シリコンほどではありませんが弾力性があり、またポリカーボネートのように強度があります。

スポンサーリンク

ハードケースのように薄くて加工がしやすく、またソフトケースのように弾力性があり衝撃から守ってくれる、両方の良いところを持った素材なのです。

ケースを付けるメリットとデメリット

多くの人がiPhoneケースを付けていますが、iPhoneケースを付けない人もいるのは事実です。

ではiPhoneケースを付けるメリットとでデメリットは何でしょうか。

【メリット1】iPhone本体を保護する

iPhoneケースを付ける一番のメリットは、iPhone本体をダメージから守ることではないでしょうか。

思わぬアクシデントで、iPhoneを落としてしまったり、カバンの中で他のアイテムによって傷をつけてしまったり、そのような経験を多くの人が経験をしているのではないでしょうか。

iPhoneを落としてしまうと、画面だけが破損するのではなく、iPhone自体も壊れてしまう可能性があります。

iPhoneの修理は決して安いものではないので、iPhoneケースによってこのようなことを防ぐことが出来るのです。

【メリット2】オシャレさをアピール

他の人と差を付けたい場合にピッタリなのが、iPhoneケースです。

iPhone自体はどのiPhoneもあまり変化がないため、自分らしさをアピールしにくいものです。

そこで色々デザインや素材の種類があるiPhoneケースで、自分らしくiPhoneを飾ることが出来ます。

【デメリット1】熱がこもってしまう

iPhoneケースを付けることによって、iPhoneケースとiPhone本体の間に通常よりも発熱が大きくなる可能性があります。

しかし最近のiPhoneケースは熱が逃げやすいように作られているので、iPhone本体に問題が生じることはありません。

【デメリット2】かさばる

iPhoneケースをiPhone本体に付けることで、iPhone以上の大きさになることから、少しかさばってしまうというデメリットがあります。

かさばりを気にする人は、薄いタイプのiPhoneケースを使うことをおすすめします。

多くの種類から選べる iPhoneケース

iPhoneケース選びは、たくさん種類のあるiPhoneケースから選ぶことができ、とても楽しいものです。

自分のニーズに合わせたiPhoneケースを選ぶために、素材やデザインに注目し、後悔のしないiPhoneケース選びをしましょう。

iPhoneケースを作る

関連記事