iPhoneケース

自作とオーダーメイドでのiPhoneケースの作り方をチェック

今では多くの人が利用しているiPhoneですが、iPhoneケースを付けている人をよく見かけませんか。

人それぞれiPhoneケースを付ける理由は異なりますが、iPhoneケースにはいくつかの種類があり、自分のニーズに合わせて選ぶことが出来ます。

「自分だけのiPhoneケースが欲しい」「お店には自分の好きなタイプのiPhoneケースが売っていなかった」などという理由から業者に依頼をしたり、または自分でオリジナルiPhoneケース作ったりすることが出来ます。

自作でiPhoneケースを作るメリットとは?

特にクラフトが大好きな人にとって自作でiPhoneケースを作ることは、大きな楽しみになり、またワクワクするのではないでしょうか。

自作をすることで、自分だけの世界で一つだけのオリジナルiPhoneケースを作ることが出来ます。

自分の好きなデザインで作れる

お店で売っているiPhoneケースがすべて自分の好みとは限りません。

自分が本当に欲しいデザインに巡り合うことは難しい場合もあります。

そんなとき、iPhoneケースを自作することによって、本当に自分の理想なiPhoneケースに出会うことが出来るのです。

素材へのこだわり

もう使うこともなくなった革製のバッグやジーンズなど、ただのごみとするのではなく、iPhoneケースに生まれ変わらせることが出来ます。

もともと持っている素材を使ってiPhoneケースを作るので、コスト面にも優しいでしょう。

また今まで使用していたものを使えば、オリジナリティが増し、愛着が持てること間違いなしです。

自作で作るiPhoneケースのアイデア

自作で作ることが出来るiPhoneケースは、自分の望むようなデザインにすることが可能なため、とても人気があります。

安く材料を購入することも出来るので、気軽に作れることもポイントと言えます。

クリアケースを使う

100均でも売っているクリアケースを使うことによって、色々アレンジをすることが出来ます。

クリアケースとiPhoneの間に写真やキャラクターの画像、またドライフラワーなどを挟むなどすることで、自分だけのオリジナルiPhoneケースの出来上がりです。

また絵を描くことに自信のある人は、クリアケースに直接絵を描いても良いでしょう。

クリアケースはiPhoneケースを作るときに、とても便利なアイテムなのです。

マスキングテープを使う

最近では数多くある種類のマスキングテープですが、そのマスキングテープを使ってiPhoneケースを作ることが出来ます。

一番良い方法としては、紙の上に自分の好きなマスキングテープでデザインを作り、クリアケースとiPhoneの間に挟むことで、とても綺麗に出来るでしょう。

またプラスチックのiPhoneケースにマスキングテープを貼って柄を作ったり、部分的に貼ったりして可愛いiPhoneケースを作ることが出来ます。

失敗をしてしまったり、デザインに飽きてしまったりしたら、マスキングテープは簡単にはがすことが出来るので、気軽にデザインを作り直し、また楽しむことが可能です。

古着を使う

もう使わなくなった洋服などを使って、自分のオリジナルiPhoneケースを作ることが出来ます。

お裁縫が苦手な人でも簡単に出来る方法は、iPhoneケースのサイズより2センチほど大きく布を切り、あとは水で薄めたボンドでiPhoneケースに貼り付けるだけです。

誰にでも出来る、そして可愛らしいiPhoneケースの出来上がりです。

ネイルポリッシュを使う

自分の好きな色のネイルポリッシュを使えば、自作のiPhoneケースを作ることが出来ます。

スポンサーリンク

まずクリアケースか無地のiPhoneケースを用意し、そして自分の好みのネイルポリッシュを垂らしデザインを作るだけです。

乾いたら最後にトップコートを塗って完成です。

風船を使う

100均でも売られている風船を使って、即席iPhoneケースを作ることが出来ます。

風船を膨らませ、iPhoneを風船に押し付け、風船から空気を出していくだけでiPhoneケースの出来上がりです。

なんとなくつまらないiPhoneをカラフルにしたい人にはおすすめです。

オーダーメイドでiPhoneケースを作るメリットとは?

自作でiPhoneケースを作ることは少し難しいと思っている人やクラフトが苦手な人は、オーダーメイドとして業者にiPhoneケースを注文することが出来ます。

業者には自分のデザインなどを伝え、簡単にオーダーすることが出来るので非常に便利です。

プロ並みの仕上がり

業者にiPhoneケースを注文することによって、お店で販売されているのと同等のクオリティのiPhoneケースを手に入れることが出来ます。

また自分でデザインをするのが苦手な人は、業者からデザイン例やアドバイスなどをもらえることで、安心して任せることが出来るでしょう。

簡単にiPhoneケースを作れる

業者に依頼をする時は、オンラインで注文を受け付けるのが主流ですが、なんとなく難しいと思いがちです。

自分のパソコンで業者のウエブサイトに行き、業者の指示に従い、そしてデザインを入稿することも出来るので、思っている以上に簡単にiPhoneケースを作ることが出来るのです。

自作で作るときの注意点

自作でiPhoneケースを作るときは、自分の好きなようにiPhoneケースを作ることが出来る反面、ちょっとしたミスによって、自作のiPhoneケースを台無しにしてしまうことがあります。

素材選びに注意

自作でiPhoneケースを作るときは、iPhoneケースの素材に注意して選びましょう。

iPhoneケースに使う素材は、熱に強いか、水には強いかなど、iPhoneケースに自分が何を望んでいるのかを考慮しながら、iPhoneケースを自作することが大切です。

カメラレンズにかかっていないか

「iPhoneケースを作ったけど、カメラレンズのことをすっかり忘れていた」ということを防ぐためにも、カメラレンズの位置をしっかりと確認しましょう。

またiPhoneケースの素材によっては厚みがあるものもあるので、カメラレンズにかからないように気を付けましょう。

オーダーメイドでのiPhoneケースの作り方

最近では、iPhoneケースをオーダーメイド出来る業者は多くあります。

その多くある業者の中で、どの業者が自分に合っているかを念入りにチェックする必要があります。

自分が納得のいくiPhoneケースを手に入れるためにも、事前にいくつかの業者をしっかり確認をしましょう。

業者によってiPhoneケースのオーダー方法が少し異なることもありますが、基本的な流れは一般的に同じです。

iPhoneケースの種類を決める

まずはどんな素材のiPhoneケースが欲しいか、iPhoneケースの種類を決めます。

ハードケースやソフトケース、または手帳型ケースなどいろいろな種類があるので、自分のタイプのものを選びましょう。

デザインを決める

iPhoneケースの種類が決まったら、いよいよデザインを決めます。

自分の好きなキャラクターや画像などを業者の手順に従ってアップロードしましょう。

プレビューでチェック

デザインも完成したら、プレビューで確認をしましょう。

スポンサーリンク

そして自分が満足するiPhoneケースであれば購入です。

オンラインでオーダーが出来るメリットは、自分が納得するまでやり直しが可能なことです。

プレビューでチェックし、デザインがあまり好きでなかったら、デザイン画面に戻り、そしてデザインを自分が納得するまでやり直しすることが出来ます。

オーダーメイドで作るときの注意点

業者に依頼をしてオーダーメイドでiPhoneケースを作ることは、オンラインでの制作が可能なのでとても便利です。

しかし自分の好きなように作れる一方で、「こんなはずではなかった」と後悔をすることもあります。

注文をする時にデザインをよく確認する

オンラインで注文をする時、デザインを念入りにしたけれども、プレビューをあまり確認しないことはありませんか。

素通りされがちなプレビューは、実際に出来上がりのiPhoneケースをチェックすることが出来る一番良い方法です。

自宅にiPhoneケースが届いてから後悔しないためにも、念入りにプレビューを確認しましょう。

デザイン用の画像は高画質なものを使う

iPhoneケースを業者に注文するときに、自分で撮った写真や画像などを使うことが出来てとても便利なのですが、画質が悪いとiPhoneケースの見栄えがあまりよくありません。

あまり安っぽい印象にならないように、出来るだけ高画質な画像を使うようにしましょう。

費用の確認

多くの業者がある中、業者によって製作コストは異なってきます。

いくつかの業者をしっかりと比較し、出来るだけ安い業者を探しましょう。

しかし安いからといってクオリティが悪いのは避けたいものです。

これは業者のレビューをチェックすることによって、他のお客様が満足をしているかなどを確認できるので、レビューチェックをすることをおすすめします。

また注文をした後の高額な請求を避けるためにも、注文を確定する前に実際にいくらかかるかを確認しましょう。

オーダーメイド? 自作?

iPhoneケースを業者にオーダーメイドをするか、もしくは自作をするかは、人それぞれ理由は異なります。

自作をする場合は、iPhoneケースを自分で作る喜びや満足を得られることができ、またオーダーメイドの場合はクラフトが苦手な人や簡単にiPhoneケースを作りたい人に向いていると言えるでしょう。

また自作をすることは時間もかかるうえ、あまりクラフトをしたことがない人には少し難しいかもしれません。

そんな場合も、業者にオーダーメイドをすることで、自分の満足できるiPhoneケースを簡単に作れるのではないでしょうか。

iPhoneケースを作る

関連記事
iPhoneケース

ディズニーランドとディズニーシーに行ったらオリジナルグッズを作りたい!おすすめのアイテムは?

2020年3月3日
iPhoneケースラボブログ
ディズニーランドとディズニーシーは、どちらもたくさんのショップが入っていて、思い出の品や記念品をオリジナルグッズとして購入することができます …