iPhoneケース

素材別にチェック! iPhoneケースのメリットとデメリット

最近では多くの人が利用をしているiPhone。

そのiPhoneに付けるケースにも数多くの種類があります。

iPhoneを購入したときに、どのiPhoneケースを付けようかなと考える人も多いでしょう。

iPhoneケースは、たくさんの素材と種類があり、選ぶときには悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

iPhoneケースを選ぶ前に、iPhoneケースのメリットとデメリットを素材別にチェックしてみると、自分にピッタリなiPhoneケースを選ぶことが出来るのです。

ポリカーボネート素材のメリット

ハードケースによく使われるのがプラスティックの種類の一つである「ポリカーボネート」。

ガラスよりも衝撃に強く、飛行機の窓にも使われている素材です。

衝撃に強い

ガラスより250倍ぐらいの強度があるポリカーボネートは、衝撃に強く、思わぬアクシデントでiPhoneを落としてしまった時に、その衝撃からiPhoneを守ってくれます。

しかしとても強い衝撃には耐えることが出来ないので、要注意です。

暑さや寒さに強い

ポリカーボネートは、熱に強く、ポリカーボネートに火が付いたとしても、その火元から離せば自然に火が消える特徴があります。

また130度ぐらいの熱にも耐えることが出来るのに対し、マイナス100度ぐらいまでの寒さにも耐えることが出来るので、アウトドアに向いているでしょう。

安価でデザインが豊富

ポリカーボネートの素材は、コストが安く、また印刷を綺麗に施すことに適しているため、iPhoneケースとして多く使われています。

安くてもデザイン性の高いiPhoneケースは、こまめにケースを交換できるので、楽しむことも出来ます。

ポリカーボネート素材のデメリット

「衝撃に強い」などメリットが目立つポリカーボネートですが、iPhoneケースとして完ぺきではないようです。

メリットがあればもちろんデメリットもあります。

そのデメリットを知ることで、予防策を考えることが出来きます。

ものすごい衝撃には耐えることが出来ない

衝撃に強いことが強みのポリカーボネートですが、とても強い衝撃には耐えることが出来ません。

強い衝撃はiPhoneケースだけでなく、iPhone本体も破損してしまう可能性があるので、ソフトケースでよく使われるシリコン素材の方が強い衝撃には強いと言えるでしょう。

紫外線や薬品に弱い

長らく同じiPhoneケースを利用していると、日ごろの汚れだけではなく、紫外線によって変色してしまうことがあります。

また除光液などの薬品によって、ポリカーボネート素材は色が変わったり劣化に繋がったりすることがあるので、気を付けましょう。

シリコン素材のメリット

シリコン素材のiPhoneケースは、多くの人に愛用されています。

くねくねするソフトな感触のシリコンは、多くのメリットがあります。

衝撃に強く、傷がつきにくい

シリコン素材はゴム素材なので、とても柔らかくクッション的な役割を果たしています。

iPhoneを落としてしまったときに、シリコンケースで落ちた時の衝撃を和らげてくれたり、思わずiPhoneをどこかにぶつけてしまったりしても、シリコン素材のおかげでiPhoneを傷から守ってくれます。

滑りにくい

iPhoneに付ける時にソフトな素材であることから簡単に付けることが出来るシリコンは、滑りにくく、ケースがiPhone本体にフィットするのでとても人気があります。

スポンサーリンク

またiPhoneが手から滑り落ちるのを防ぐ役割も果たし、iPhoneを落としてしまったなんて言うアクシデントも減るのではないでしょうか。

シリコン素材のデメリット

多くの人が利用しているシリコン素材のソフトケースは、多くのメリットがある一方、デメリットもあります。

そのデメリットを知ったうえで、iPhoneケースを選びましょう。

汚れやすい

シリコン素材は、ほこりなどがピタッとつきやすく、そしてそのほこりを落とすことがなかなか出来ません。

ゴムにほこりが付くとなかなか取れないという経験をしたことはありませんか。

シリコン素材はゴム素材と同じなので、ほこりが付きやすいシリコン素材のiPhoneケースは、少し汚れの目立ちやすいことがデメリットと言えるでしょう。

ハードケースに比べて重い

シリコン素材のiPhoneケースは、長時間iPhoneを使用していると何となく腕が痛くなるということがあります。

それはシリコン素材は少し重量があり、特に薄型のハードケースの重さと比べると重さを感じるでしょう。

本革(レザー)のメリット

本革(レザー)のiPhoneケースは、人とは少し違う、また高級感を出したい人にピッタリのケースではないでしょうか。

革製品が好きだったり、iPhoneケースをもっとオシャレなものにしたい人におすすめです。

高級感がありオシャレ

革素材のiPhoneケースは、誰から見ても高級感に溢れたオシャレなiPhoneケースです。

革素材のiPhoneケースは、長い間利用して古くなってきても、革は時間とともに味が出てくるので、さらに愛着が持てるのではないでしょうか。

また革素材はとても丈夫なので、破けたり壊れにくいのがメリットです。

本革(レザー)のデメリット

本革は大変オシャレな素材で人気があるのですが、お手入れなどを考えると、非常に手間のかかる素材なのです。

値段が高い

革素材のiPhoneケースは、基本的に値段が高いのがデメリットです。

「iPhoneケースを購入するのに、こんなに大金を支払いたくない」と思う人もいるでしょう。

手入れが大変

革素材は、水に弱く、少し水に濡れただけでシミになることがあります。

また汚れがついてしまった場合、ハードケースのiPhoneケースのように簡単に拭いて汚れを落とすことは出来ません。

また薬品を使って綺麗にすることも出来ないので、革製品用のクリーニング剤を使って綺麗にする必要があります。

「たかがiPhoneケース」と思っている人には、大変めんどくさい作業なのです。

TPU素材のメリット

TPU素材は、熱すると柔らかくなり、冷ますと硬くなる、また常温では変形しづらい特徴があるプラスティック素材の一つです。

ソフトタイプのiPhoneケースとして多く使われています。

TPU素材はコスト面でも安く作ることが出来るので、100均でも購入が出来るリーズナブルなiPhoneケースとして人気があります。

壊れにくい

TPU素材のiPhoneケースは、柔軟なプラスティック素材なので、壊れにくいというメリットがあります。

多少の衝撃でiPhoneケースが壊れるということはありません。

スポンサーリンク

この柔らかなiPhoneケースがiPhone本体を守ってくれます。

iPhone本体に付けるのが簡単

ハードケースと比べると、ハードケースがなかなかiPhoneに装着できないのに対し、TPU素材のケースはiPhone本体に簡単に装着することが出来ます。

iPhoneケースを壊すことなく、またiPhone本体に傷つけることなくケースを装着できることもメリットと言えるでしょう。

TPU素材のデメリット

多くのメリットがあるTPU素材のケースですが、いくつかのデメリットもあります。

実際にTPU素材のケースを使ってみて、こんなはずではなかったと後悔をする前にデメリットを知る必要があります。

熱に弱く黄ばむ

TPU素材は熱を加えることで変形し、冷ますことで固まる特徴があります。

夏の野外や車内に長時間置いておくと、iPhoneケースが変形してしまうことがあるのです。

またTPU素材は、長い間使用していると紫外線によって自然に黄ばんでくることがあります。

デザイン性に優れないことがある

TPU素材のiPhoneケースは、耐震性を強くするためにも、厚みを出したデザインが多いことから、本来のiPhoneのデザイン性を損なうことがあります。

素材によって異なる効果のiPhoneケース

iPhoneケースは、街中を見渡しても多くのiPhone利用者が使っているアイテムです。

iPhoneケースの素材によってその効果は異なり、iPhoneケースをつけることによって、どのようなことを望んでいるかで、自分に合ったiPhoneケースを見つけることが出来るのです。

iPhoneケースを作る

関連記事