ハウツー

iPhoneでiEmptyを使って透明アイコンをホーム画面に配置(カスタマイズ)する方法

iPhoneのアプリアイコンを透明にすることなんてできるの?と思う方も多いかと思いますが、実はできます。

しかし透明なアイコンにするにはいくつかポイントがあります。

透明アイコンの作り方

透明アイコンを作るには「iEmpty」というサイトを使って行う方法があります。

「iEmpty」に慣れるには少し難しく、確認しておくポイントがあります。

アイコンを長押しする

そもそもiPhoneアプリのアイコンを透明にする方法はどのように行うのでしょうか。

iPhoneのホーム画面を開いてください。適当に自分の好きなアプリを長押ししてください。

長押しをするとiPhoneのアプリの多くのアイコンにバツ印が表示されます。

ここで注意してほしいのが、アイコンに表示されているバツ印を誤って押してはいけないことです。

これをタップしてしまうとアプリを削除してしまうことになり、そのアプリがLINEやTwitterなどのSNSや仕事で使う重要なアプリだった場合、再ログインをしなければならない場合やデータが完全に削除されてしまう場合があります。

そうなると、元には戻せないという大変な事態になってしまいます。

アイコンのバツ印を誤って押さないように注意しましょう。

アプリがない画面をスクリーンショットする

アイコンにバチ印が表示された場合、画面を左側にスクロールをし、アプリアイコンが全く表示されない壁紙しか見えない画面を表示させてください。

全くアイコンがない画面を表示させたら、その画面をスクリーンショットします。

スクリーンショットのやり方は、iPhone 8以前の機種の方は、ホームボタンと電源ボタンを同時に押してください。

iPhone X以降のホームボタンがない機種を利用されている方は、電源ボタンと音量ボタンを同時に押すとスクリーンショットができます。

専用サイトにアクセスする

画面をスクショできた方は、透明アイコンを作成することができるサイトをSafariなどで開きましょう。

サイト名は「iEmpty」です。

「iEmpty」にアクセスできたら「Create BLACK icons」という項目が表示されています。

そちらをタップしてください。タップをした後は、「Add」という項目を押してください。

これを押すと、表示画面が変わります。新しい表示画面では、「ファイルを選択」という項目があります。

そのボタンを押し、カメラロールから先ほどスクリーンショット画面を選択し、アップロードしてください。

透明にしたいアイコンを設定

スクリーンショット画面をアップロードすると、透明アイコンの画像が並んだ画面が表示されます。

この透明になったアイコンは、自身が使っているiPhoneのアイコンの配置と同じようになっています。

その為、透明にしたいアイコンをタップしてください。

もしどこにどのアイコンがわからない方は、一度透明のアイコンを押してみてください。

スポンサーリンク

アイコンをタップするとそれがどのアプリのアイコンなのかわかるので、確認してみてください。

また、ホーム画面に戻れば、アプリの配置がわかるので、そこから確認するのもいいかもしれません。

透明アイコンをホーム画面に追加しよい

透明にしたいアイコンを決定したら、そのアイコンをタップしてください。

タップをすると別の画面が表示されます。

別の画面に表示された場合、Safariなどの検索エンジンから共有メニューを開き、「ホーム画面に追加」を選択し、保存してください。

保存する際、名前を付けて保存しなくても大丈夫です。

透明にするアイコンをホーム画面に追加にすると、iPhoneのホーム画面に透明になっているアイコンが追加されています。

これで透明のアイコンの完成です。

透明アイコンを自由にカスタマイズする方法

何度か透明にしたいアイコンを繰り返し作成した後、自由にカスタマイズしてみましょう。

カスタマイズの仕方は、通常のアプリなどと同様、アイコンを長押しし、バツ印の表示が出たら、動かしたいアイコンをスライドしてください。

また、フォルダを作成することもできます。

フォルダの名前も空欄にすることができます。

このような形で行うことで自由にアイコンをカスタマイズすることが可能です。

透明アイコンのメリット

透明アイコンを行うことでどのようなメリットが生まれるでしょうか。

様々なメリットがあるので、透明アイコンを使いたい人は一度確認してみてください。

背景の壁紙が綺麗に映りやすい

たくさんアプリをインストールしている中には、フォルダをたくさん使っても、画面いっぱいにアイコンが並び、せっかくの壁紙が見えないという方も多いかもしれません。

しかし透明アイコンを使うことで、ぎっしり詰まったアイコンの姿を見せることなく配置できるので、壁紙をみることができます。

アイコンを透明にすることで、背景画像がよりはっきり見えるようになり、ホーム画面の見栄えも良くなるかもしれません。

特に女性に透明アプリが多い理由は、こういった背景があります。

女性の方にはアプリをたくさんインストールされている方も多いです。

しかし大切な恋人とのツーショット画像や思い出の画像を壁紙にしているのに、アプリを多く見せないように配置したいということで、透明なアイコンにしている人もいます。

誰にも見られる心配がない

iPhoneのアプリを透明にして行う方法のメリットはどんなのがあるでしょうか。

1つ目として考えられるのは、隠したいアプリを透明にして、アイコンの姿が見えないけれど、アプリを使用することできることです。

中には、あまり他人には見られては欲しくないアプリをインストールしている方が多いかと思います。

どんなアプリを使っているかで、その人の個性がわかるというふうに、使っているアプリで個人情報がバレてしまうということもあります。

スポンサーリンク

相手に自分の好みを知られたくない

あまり他人に自分のプライバシーを見せたくない。

けれどそのアプリを使いたいという方に、アプリのアイコンの姿を透明にすることで、相手に自分の好みをあまり知られずに、周りの目を気にせずにアプリを使うことができます。

最近では女性の方が、透明アプリを使っていることが多いようです。

透明アイコンのデメリット

しかし透明アイコンはメリットだけではありません。当然デメリットもあります。

透明アイコンにしたいと考えている方は、一度デメリットの方も確認をした上で、透明アイコンを作ってみてください。

戻し方がわからなくなってしまう

透明アイコンを行うデメリットとして、透明アイコンをしたのはいいけれど、どう戻したらいいのかわからないということです。

戻し方は簡単なのですが、わからないままアンインストールをして、再びインストールして戻すという方が多いようですが、アンインストールをして元に戻さなくても、元に戻すことができます。

透明アイコンの戻し方

まず、設定アプリを開いてください。

その後、一般という項目をタップをし、下の方にスクロールし、リセットをタップしてください。

リセットの中に、「ホーム画面のレイアウトをリセット」という項目があるので、それを押してください。

これを押しただけで元に戻すことができます。

すぐできることなので、もし透明アイコンを通常のアイコンに戻したい場合は、この方法を行ってください。

しかし、全てのホーム画面のレイアウトがリセットされてしまうので、注意してください。

アイコンがわからない

透明なアイコンをするのはいいけれど、どれがどこの位置に配置したのかわからないということもよくあります。

自由にカスタマイズをすることができますが、それと同時にどのように配置したのかなども自分の中で覚えておく必要があります。

透明アイコンを作るには専用のサイトを使おう

このようにiPhoneの透明アイコンを行う方法は、色々とあります。

「iEmpty」というサイトは初めて利用される方には少し難しいことが多いかもしれません。

しかし慣れてくると、気軽に透明なアイコンを作ることができます。

透明なアイコンにすると、あまり人には見せたくないアプリや使わないアプリを見せなくすることで、堂々と使うことができたり、アイコンが多くて壁紙を眺めることができないのを防ぐことができるなどメリットも多いです。

もちろん、元に戻したい時に、戻し方がわからなくて、アプリを削除してしまう人というデメリットもあるので、よく注意して利用してください。

関連記事