ハウツー

iPhoneの寿命って何年? 買い替えや機種変更のタイミングは?

現在多くの人が愛用しているiPhoneは、決して安く買えるものではなく、高いものでは10万円を超えるものまであります。

iPhoneだけに限りませんが、電子機器には「寿命」があります。

私たちは、iPhoneを日常的に利用しているので、iPhoneが故障をする前に、買い替えや機種変更をする必要があります。

多くのiPhone利用者が、いつiPhoneの買い替えすべきか、いつ機種変更をすべきかなど、買い替えや機種変更のタイミングの時期に悩んでいるのではないでしょうか。

iPhoneの寿命

iPhoneは決して安いものではなく、時にはパソコン並みに高額なものです。

ですので、出来る限りiPhoneを長い間使いたいのが本音ですが、他の電子機器と同じでiPhoneには寿命があります。

ではiPhoneの寿命はいったいどのぐらいなのでしょうか。

アップル社が考える「寿命」とは?

アップル社から言われている「iPhoneの寿命」は、だいたい3年と言われています。

iPhoneの機種によっては、10万円以上するものもあり、たった3年で買い替えと考えると非常に高い買い物と言えるでしょう。

アップル社から言われている通り、3年で買い替えるか、もしくは修理などをして長く同じiPhoneを使用するか悩むところではないでしょうか。

またその時には、買い替えか修理か、どちらが安くまた快適にiPhoneを使用できるかを考える必要があります。

iPhoneの使い方によって「寿命」は異なる?

iPhoneの使用の方法によっては、iPhoneの寿命は異なってくるようです。

例えば、日常的にiPhoneを使用している場合(高画質のゲームやSNSなど)、使用していればiPhoneの電力を消耗してるわけですので、iPhoneの寿命は短くなります。

また反対に、iPhoneは持っているけどまったく使わない場合は、もちろんiPhoneの電力は消耗しにくいわけですから、iPhoneの寿命は長くなると言われています。

iPhoneの寿命が来たときの症状やサインは?

iPhoneの寿命が来た時のサインは、正直とても分かりやすいので見落としにくいと言われています。

「充電がすぐになくなり、充電の回数が増えた」や「iPhone内のアプリの起動時間が長すぎる」など、初めて購入したとき時には考えられなかったようなことが起きるので一目瞭然iPhoneの寿命が来たことを感じるでしょう。

充電がすぐになくなる

iPhoneの寿命が来たときは、正直見落としにくい症状が出てきます。

一番目にあげられるのは、「充電がすぐに減る」ということです。

iPhoneを使用していて、さっきまで100%であった充電がいきなり75%になっていた、というような現象が現れるのです。

また、いきなりiPhoneがシャットダウンしてしまったりすることもあるので、このような現象が起き始めたら、iPhoneの寿命が近づいてきたと思って良いでしょう。

アプリがなかなか開かない

いつも使用しているアプリが開かなくなったとき、iPhoneを使用していてストレスに感じる人も多いのではないでしょうか。

これも一つのiPhoneの寿命が来たサインです。

アプリは日常的に使用している人も多いと思うので、使用しにくくなったり、使用できなくなったりした場合は、非常に不便です。

そうなるともうiPhoneの買い替えの時が来たと言えるでしょう。

しかし、時々ソフトウエアのアップデートをしていなかった場合にも同じような現象が起きるので、まずはソフトウエアが最新のものになっているかをチェックし、そのあとに買い替えや機種変更をするかの判断をしましょう。

スポンサーリンク

起動時間が長くなる

アプリもそうですが、iPhone自体を起動するときに時間がかかることも、iPhoneの寿命のサインの一つと言えます。

「今すぐiPhoneを使用したい」という緊急の時には非常にストレスを感じる現象です。

まずは、iPhoneの故障ではないことを確認し、もし故障ではなかったら、iPhoneの寿命が来たことを表しているので、iPhone買い替えや機種変更をする判断が必要です。

iPhoneの「寿命」を伸ばす方法

充電の仕方によって、iPhoneの「寿命」を伸ばすことが可能だと言われています。

iPhoneの寿命は3年と言われているので、出来れば長く同じiPhoneをストレスフリーで使えるのなら試してみる価値はありそうです。

充電をしながらiPhoneの使用は避けよう!

充電をしながら、長時間動画視聴やゲームをするのもバッテリーに負担がかかります。

充電をしながらだと、バッテリーの残量を気にすることなく動画やゲームを楽しむことが出来ますが、これを何度も行っているとiPhoneバッテリーの寿命を縮めてしまうようです。

また、最悪の場合は、iPhoneのバッテリーが発熱して故障してしまうこともあるので、充電をしながらのiPhoneの使用は避けたほうが良いでしょう。

こまめに充電をしよう!

iPhoneのバッテリーに使われているリチウムイオン電池は、過放電に弱いため、iPhoneの充電がゼロになってから充電をするより、50%ぐらいあるバッテリー残量から100%まで充電を行ったほうがiPhoneのバッテリーには良いと言われています。

ですので、一気にiPhoneを充電切れまで使用するのではなく、少しバッテリーが減ったなと思ったら、100%になるまで充電することをおすすめします。

過充電を避けよう!

iPhoneの電池、リチウムイオン電池は過放電と同じく、過充電にも弱いようです。

100%になるまでiPhoneの充電をする人はほとんどだと思いますが、100%充電があるにもかかわらず、充電器にiPhoneをそのままにしておく人も多いのではないでしょうか。

だいたいiPhoneは2時間半ぐらいでフル充電が出来ると言われています。

ですので、寝る前に充電をしようと充電器につけとくと、多くの時間を過充電ということになります。

出来る限り、充電は寝る前に済ませておき、寝る時には充電機から外すことをおすすめします。

iPhoneを高温の場所に置くのを避けよう!

iPhoneを高温の場所に置いてしまうと、iPhoneが起動しなくなるという不具合が生じることがあります。

これは、iPhoneのバッテリーの寿命を短くするだけではなく、iPhone自体の寿命を短くしてしまう可能性があります。

ですので、短い間だから大丈夫と思わずに、iPhoneを高温の場所に置くのは避けるべきでしょう。

iPhoneの買い替えのタイミングの時期

iPhoneの買い替えや機種変更は、安いことではなく、高額な買い物になります。

ですので、iPhoneの寿命は3年と言われていますが、出来る限り長く使用できるようにいろいろ工夫してみましょう。

iPhoneの使い方や充電方法によっては、iPhoneの寿命が長くなる可能性もあるので、試してみる価値はありそうです。

また、iPhoneの寿命が近づいてきたという症状やサインを見つけたら、まずはiPhoneが故障していないかを確認し、故障でない場合は、iPhoneの買い替えや機種変更の良いタイミングの時期と言えるのではないでしょうか。

関連記事