ハウツー

お手持ちのWindows・MacがiPhoneを認識しない…対処法について紹介

iPhoneとパソコンを連動して活用しよう、このように思っていませんか?

ところがいざ両者を接続したところ、お手持ちのパソコンがiPhoneを認識してくれない、このようなトラブルもしばしば報告されています。

なぜ認識してくれないのか、どう対処すればいいかについて以下にまとめました。

Windows10に注意

Windows7やWindows8の場合は普通に認識してくれたのに、Windows10に変えたところ認識されなくなったという話はしばしば聞かれます。

もしWindows10でiPhoneが認識できない問題を抱えているのであれば、以下で紹介する対処法を講じてみましょう。

ドライバーのインストールの有無をチェック

iPhoneをWindows10で認識するためには、専用のドライバーをインストールしていることが前提です。

そこでドライバーのインストール状態をチェックしましょう。

通常USBケーブルで両者を接続したときに、自動的にドライバーを検知してインストールするはずです。

もしインストールされていないようであれば、いったん接続を切りましょう。

その上で再度ケーブルをつないでみることです。

するとインストールして、認識できるようになります。

Apple Mobile Device USB Driverのインストールを行う

iPhoneをWindows10が認識するためには、Apple Mobile Device USB Driverという専用のドライバーがインストールされていないといけません。

このインストールを行いましょう。

インストールを行うとiPhoneの大事なデータが消去されると不安になる人もいるようです。

しかしデータがなくなるようなことはないです。

もしApple Mobile Device USB Driverがインストールされているのに認識されない場合、いったんアンインストールします。

そのうえで再度インストールしてみましょう。

すると認識してくれる場合もあります。

再インストールしても認識しない場合、ほかのどこかで何らかの問題を発生している可能性が高いです。

AppleiPhoneのデバイスを削除する

もしエラーが発生しているのなら、いったんAppleiPhoneのデバイス削除する対処法も有効です。

デバイスを削除して、再度インストールします。

するとAppleiPhoneを新しいデバイスとしてパソコンが検知します。

この作業はWindows10とiPhoneを接続するためのソフトを削除するものです。

ですから再インストールするにあたって、iPhoneに入っているデータが失われるなどの影響は一切出ません。

その部分は不安視する必要はないです。

スポンサーリンク

ただし再インストールする際にパソコンを再起動しなければならないので、Windows10で他の作業をしているなら、それをいったん終えてから行うのがおすすめです。

MacがiPhoneを認識しない

iPhoneもMacもApple社が製造しているものです。

ですから両者をつないだ時に問題が起きる可能性は低いです。

しかしMacがiPhoneを認識しないというケースもあることはあります。

その場合の対処法について、以下で詳しく見ていきます。

バックグラウンドアプリを終了する

MacがiPhoneを認識しない原因は、バックグラウンドアプリの関係していることが多いです。

一見すると起動していないように見えても、実は動いているアプリがあります。

このアプリが接続を邪魔して、認識されないのです。

そこでバックグラウンドで起動しているアプリがないか、iPhoneとMac両方を確認して、あれば終了してから再度つなげましょう。

純正ケーブルでつないでみる

iPhoneとMacをつなげるにあたって、USBケーブルを使用するはずです。

もし市販の安いUSBケーブルを使っている場合、ケーブルのために2つの機器を認識してくれない場合があります。

するとiPhoneとMac間の情報のやり取りができなくなり、認識してくれないわけです。

そこでApple社製の純正USBケーブルに変えて、両者をつないでみましょう。

純正ケーブルであれば、iPhoneとMacを認識してくれる可能性は高いです。

純正ケーブルは市販のものと比較すると確かに割高です。

しかし品質も高いので、認識されないトラブルを解消できる可能性は十分あります。

iPhone側の問題の可能性も

iPhoneをパソコンが認識してくれない原因は、パソコンだけでなくiPhone側にある場合も考えられます。

もしパソコンをいろいろと見直しても状況が改善しない場合、iPhone側で何らかの問題が起きていることを疑いましょう。

その場合の対処法について、以下で解説します。

ケーブルを再度つなぎ直す

もっとも簡単にできる対処法は、ケーブルを外してまたつなぎ直してみる方法です。

ケーブルをつなぎ直すことで、いったん設定がリセットします。

するとパソコン側がiPhoneを機器と認識してくれる場合があります。

今までつないでいて問題なくても、ある日突然認識してくれないこともあり得ます。

これはつなぎ続けている中でちょっとした不具合が生じて、つながらなくなってしまうためです。

そこでいったん接続を中断します。

スポンサーリンク

すると設定がリセットされて、再度認識してくれる場合もあります。

再起動する

ケーブルをつなぎ直しただけで認識してくれない場合には、ケーブルをパソコンから外します。

その上で再起動させて、再度つなげましょう。

再起動するとパソコンやiPhoneの不具合の解消することがあるからです。

また再起動するとバックグラウンドで起動しているソフトも終了できます。

このバックグラウンドソフトが接続を妨げていることもあります。

再起動すれば、このバックグラウンドソフトによる干渉も解消されるので、認識してくれるでしょう。

iPhoneのロック解除

iPhoneとパソコンが接続できない場合、iPhoneにロックのかかっている可能性が疑われます。

この場合、ロック解除してから再接続してみましょう。

ロックがかかっていると外部機器と接続しにくくなるからです。

ロック機能はセキュリティ対策などで有効な側面があります。

しかしパソコンをはじめとした外部機器と接続する際にネックになることもあるので注意しましょう。

パスコードの設定をオフにする

パスコード機能が働いていることで、パソコンとの接続を妨げている場合もあります。

この場合、パスコードをオフ設定にすることで問題解決できる可能性も考えられます。

設定アプリを起動させて、「Touch IDとパスコード」というメニューを選択しましょう。

そしてパスコードを入力すると、オフにする画面にアクセスできます。

オフにしてクローズすれば、設定は完了です。

オンにしていると常にパソコンに接続できないわけではないです。

しかしまれに起こりうる現象なので、オフにして状況を見極めましょう。

iPhoneがiTunesで認識されない場合

iPhoneとパソコンを接続したところ、iTunesで認識してくれないのでデータのやり取りが出来ない場合もあります。

その場合、いくつか対策があるので以下で詳しく見ていきます。

iTunesの再インストール

iTunesに再インストールしてみましょう。

ほかの機器や通信環境などが原因で、接続できない状態になっている可能性があるからです。

このような問題は再インストールすることで、リセットできる場合もあります。

iTunesに何らかの不具合の発生している場合、再インストールすることで正常化させられるので試してみる価値はあるでしょう。

スポンサーリンク

ただし再インストールする場合、中のデータが失われる恐れがあります。

そこでバックアップを取ってから再インストールの作業をするのがおすすめです。

iOSのアップデート

iOSのアップデートを近頃行っていなければ、最新のものにすることで状況改善する可能性があります。

通常iPhoneのソフトなどは自動的にアップデートされるものです。

しかしiOSの場合、容量が大きいのでアップデートが行われない場合もあります。

古いバージョンのものだと、外部機器が認識してくれない場合も考えられます。

iOSのアップデートのやり方は簡単です。

設定画面から「一般画面」→「ソフトウェアアップデート」の順番でクリックすると、アップデートが行われます。

iPhoneを充電する

iPhoneの電池残量をチェックしてみてください。

もしバッテリー残量が少なくなっていると、iTunesがiPhoneを認識してくれない場合があるからです。

バッテリーが少なくなると機能利用を制限し、機器の接続不能していることがあります。

もし電池残量が少なければ、まず充電してフルに近い状態になってから、再度接続してみましょう。

もし時間がなければ、純正ケーブルで接続するのも一考です。

純正ケーブルの場合、データのやり取りだけでなく充電も同時並行で行えます。

効率的に充電できるので、認識してくれる場合があるからです。

電源がオフになっている

iPhoneの電源が入っていないと、iTunesが認識してくれません。

そこでiPhoneの電源がオフになっていないかどうか確認しましょう。

もし電源が入っているのにiTunesが認識してくれない場合、いったんケーブルから外します。

そしてiPhoneを再起動させてみましょう。

これだけでも認識してくれる場合もあります。

iPhoneの接触状況で認識されたりされなかったりするので、注意が必要です。

許可を出す

iPhoneをパソコンと接続した場合、iPhoneの液晶に「このコンピューターを認識しますか?」というメッセージが表示されます。

この時「信頼」というところをタップすると、認識するようになります。

ところがメッセージが表示し続けることもまれにあります。

この場合、Lockdownフォルダをリセットしましょう。

スポンサーリンク

コンピューターからiOSデバイスをすべて外します。

その上でiTunesを終了しましょう。

続いてFinderで「移動」を開きます。

「フォルダへ移動」をタップして、「/var/db/lockdown」と入力します。

次に「表示」→「アイコン」の順番で選択します。

Finderにて編集を選択して、「すべてを選択」をチェックします。

「ファイル」→「ごみ箱に入れる」をチョイスして、ゴミ箱を空にすれば完了です。

別のパソコンで認識できるか?

もし複数のパソコンを保有している場合、別のパソコンとiPhoneを接続しましょう。

そしてiTunesが認識してくれるかどうか確認することです。

もしどのパソコンでもiPhoneを認識してくれなければ、iPhoneで何らかの故障が発生している可能性が疑われます。

Appleサポートセンターに連絡する、もしくはiPhone修理を請け負っているお店に持ち込んでみましょう。

Windowsの場合AMDの再起動

Windowsを使用していて「この [デバイス] は使用できません」というエラーが表示された場合、AMDSというソフトに問題の生じている可能性が考えられます。

この場合iTunesを終了し、ケーブルをすべて外します。

「ファイル名を指定して実行」をWindowsキーとRを同時押しして開きます。

「services.msc」と入力するとサービスコンソールが出てきます。

「Apple Mobile Device Service」のところで右クリックし、スタートアップを自動にします。

続いてサービスの状態を停止、開始部分をクリックして再起動させましょう。

起動後iPhoneと再度接続すると認識されるかもしれません。

対応策はいろいろ

iPhoneを長年使用していると、パソコンで認識してもらえないトラブルを経験した人も少なくないでしょう。

いつも認識できていたものが認識されないと、どうしたらいいかパニックに陥るかもしれません。

しかし上で紹介したように、いろいろな対処法があります。

ケーブルを取り替えるだけでも認識してくれる場合もあるほどです。

特に同じケーブルを長年同じものを使っている場合、傷んでいる可能性も十分考えられます。

純正のものとまずは交換してみませんか?

関連記事