ハウツー

iPhoneの画面に線ができたら修理しかない?原因はハードウェアかソフトウェア

新しい機種が出るたびにディスプレイも大きくなるiPhoneですが、表示が見やすくなるのはうれしいものの、画面に傷がつきやすいというデメリットが生まれるのは困ったものです。

iPhoneで最も目立つ部分ですので、なるべくきれいな状態を長く保ちたいところですが、いつのまにか画面に線が入ることがあります。

iPhoneの画面の線はどうしてできるのでしょうか。

iPhoneの画面に線ができるのはハードウェアかソフトウェアの故障が原因

iPhoneは精密機器ですので、ちょっとしたはずみで画面に線が入ることがあります。

その線にも原因によっていくつか種類があり、線の種類によって適切な対処法も異なるものです。

ですので、iPhoneの画面に線が現れた時は、まず何が原因なのかを把握することに努めましょう。

画面の線の原因は、大きく分けるとハードウェアの故障かソフトウェアの故障です。

ハードウェアの故障で起こる線のパターン

ハードウェアの故障が原因でできる線の特徴には、白い線が画面の中央にまっすぐ入るパターンや、画面のふちに白い線が現れるパターンなどがあります。

画面パネルに接続されているケーブルが接触不良を起こしているケースもありますが、こうした線は、iPhoneのパネルが割れているのが原因であることが多いです。

私たちがふだんiPhoneで触れているのは表側のガラス面だけですが、実はその裏に極薄のタッチパネルや液晶パネルが複雑に組み込まれています。

そのため、外側から見ても特に傷は見当たらなくても、iPhone内部のパネルにひびが入ったり割れていたりしていることがあるのです。

そうなると、画面に縦線が現れたり、タッチパネルが効かなくなったり、もしくは画面がまったく映らなくなってしまったりといったことが起こり得ます。

画面パネルケーブル接続部の不具合かも

先ほども少し触れたように、画面パネルのケーブル部分の接続部に不具合が生じていることも原因の一つに数えられます。

iPhoneの画面の裏側にはタッチパネルや液晶パネルがあり、それらがコネクタケーブルによって接続されているのですが、iPhoneの薄い本体の中にそれだけのパーツが複雑に組み込まれているわけですので、ちょっとした衝撃で接続部にダメージが及ぶこともあるのです。

実際、iPhoneの修理時でも、少し力の加減を誤るだけで接続部が簡単にちぎれてしまいます。

ですので、iPhoneを誤って落としたりぶつけたりすると、接続部が不具合を起こして画面に縦の線が入ることがあるのです。

ちょっとした衝撃で不具合が起こる精密機械

ちょっとした衝撃でiPhoneの内部のコネクタ接続部が外れかけ、それによって画面の線として症状が現れることもありますが、多くは単なる外れかけというより、物理的なダメージを負ってしまったことが原因でしょう。

iPhoneの内部には非常に精密な機器が組み込まれているため、たいしたことないと思うような衝撃でも簡単に不具合を起こすことがあるのです。

固い地面はもってのほか、ふかふかのカーペットに落としただけでも内部では不具合を起こしてしまうこともあるので注意してください。

このような物理的なダメージや不具合によって画面の線ができた場合は、その部分を交換するしかなくなってしまいます。

ソフトウェアの不具合で出る画面の線

上で見てきたことはハードウェアの物理的な故障が原因である場合ですが、それとは別に、ソフトウェアが不具合や故障を起こしており、そのせいでiPhoneの画面に線が出ることがあります。

こういう場合は、白い線が画面を横切ったり、バーコードのように縦線が入ったりというのが代表的な症状です。

ソフトウェアの不具合のせいで画面に線が現れている場合は、自力で直せることがあります。

再起動の前に必ずバックアップを

ソフトウェアのせいで画面に線が入っている場合は、再起動するだけでも元に戻ることがあります。

ただし、慌てて再起動するのではなく、念のためその前にバックアップをしっかり取っておきましょう。

スポンサーリンク

画面が線が入っているのを放っておくとタッチパネルが効かなくなってしまうことがあるので、画面の線に気づいたら操作可能なうちにできるだけ早くバックアップを取ることをおすすめします。

iCloudでのバックアップ

iPhoneのバックアップはiCloudでもできます。

iPhoneの画面から設定を開いて「iCloud」をタップし、キーチェーンの機能を有効にしておきましょう。

それから、Wi-Fiに接続されていることを確認し、「iCloud」から「今すぐバックアップを作成」を選んでください。

これでバックアップの完了です。

iTunesでのバックアップ

パソコンからiTunesを使ってiPhoneをバックアップすることも可能です。

パソコンにiPhoneを接続し、iTunesを起動して画面が表示されたら、左上のiPhoneのアイコンから設定画面に移動します。

そこで「自動的にバックアップ」をクリックしてください。

それから、「このコンピュータ」から「今すぐバックアップ」を選ぶと、自動的にパソコンの中にバックアップができます。

再起動で直らない場合は初期化を

無事にバックアップが取れたらiPhoneを再起動してみましょう。

再起動するだけでも画面の線がなくなっていることがあります。

再起動しても直らない場合は、iPhoneの初期化を試すべき時です。

初期化するとすべてのデータがなくなってしまいますが、先ほど作成したバックアップがあるので簡単に復元できます。

ソフトウェアが原因で画面に線が出ているのであれば、これまでの作業で症状が改善することが多いです。

初期化してもまだ線が消えない場合は修理に出すことを考えましょう。

iPhoneの画面の線の修理について

iPhoneの修理は、Apple Storeや正規のサービスプロバイダか、Appleの正規店ではない民間の修理屋さんに頼むことになります。

Appleの正規店での修理

Appleの正規店では持ち込みと配送に対応しており、画面の簡単な修理程度なら店頭への持ち込みで即日修理できる場合もあります。

持ち込みできる距離にAppleの店舗がない場合は、配送修理を受け付けてもらえますので、電話かオンラインで申し込んでAppleリペアセンターに送りましょう。

持ち込みの場合でもその場で修理できない場合は配送修理となるため、修理完了までに時間がかかります。

4~5日から1週間程度はかかるため、その間はiPhoneのない生活になることを覚悟しておいてください。

正規以外の修理屋さんでの修理

町の一般の修理屋さんに持っていくと、優秀なお店ならAppleの正規店より迅速に修理してもらえることがあります。

ただ、その質は千差万別です。

Appleの正規店でないといっても、総務省が登録修理業者と認めた業者であれば修理の質はある程度は高いはずです。

そうした登録業者のうち実績のあるところを見つけて依頼しましょう。

iPhoneの画面の線は早めに修理しよう

iPhoneの画面の線の原因は、ハードウェアかソフトウェアの故障であることがほとんどです。

スポンサーリンク

ソフトウェアの軽微な不具合以外は修理になることが多いため、面倒に感じるかもしれませんが早めに対処してください。

放っておくとタッチパネルが使えなくなることもあり、そうなると修理が難しくなるうえに、修理代金が高額になってしまいます。

関連記事