操作・設定

【iOS13版】iPhoneのおすすめショートカットアプリ5選

iPhoneユーザーの面倒な作業を減らしてくれるショートカットアプリは、多忙なビジネスマンや主婦にとって、日常生活の時間短縮に役立つベターツールです。

このショートカットアプリはiOS 12ではダウンロード型、iOS 13以降はiPhoneに標準搭載されているアプリです。

活用法を学び、おすすめアプリをショートカットに設定することでより良いiPhoneライフを送ることができますよ。

ショートカットアプリってなに?

ショートカットアプリでは、マイショートカットと呼ばれる自分の生活に最適なカスタマイズをしたショートカットを作成することができます。

ショートカット設定可能のアプリはなんと300種類以上もあります。

アクションと呼ばれる構成によって、自分好みに設定したショートカットはSiriやワンタップによって簡単に操作することが可能です。

例えば現在地付近のコンビニを探す際に、ショートカットアプリにコンビニを探す工程(マップ立ち上げ→「コンビニ」を検索)をアクションとして登録することで、簡単に近くのコンビニを見つけることができます。

この際、Siriに対応させることにより、「近くのコンビニ」とSiriに話しかけるだけで検索可能になります。

とりあえず設定しよう、便利なショートカットアプリ

300種類以上もあるショートカットアプリを選別しカスタマイズする労力は尋常ではありません。

しかし、ショートカットアプリを設定しておくことにより、時間を掛けずに便利機能を使うことができるようになるため、とても効率が良いのです。

では、本当に便利なショートカットアプリとはどのようなものなのでしょうか。

好きなカメラアプリをロック画面から起動できる

ロック画面からカメラアプリを起動すると、標準のカメラアプリが起動することに困ってる方も多いでしょう。

しかし、iOS13からは上記のショートカット機能を活用することでお好みのカメラアプリをロック画面から起動できるようになりました。

オートメーションと呼ばれる日付・時間・位置情報等の条件を設定して、登録したショートカットを自動で実行させられる便利な機能を利用します。

新規オートメーション登録ページには「個人用オートメーション」と「ホームハブ(家族・友人などのグループ単位でのオートメーション)」がありますが、ここでは「個人用オートメーションを作成」をタップします。

  • STEP1
    作成ページから「Appを開く」
  • STEP2
    「カメラ」にチェック
  • STEP3
    完了
  • STEP4
    次へ
  • STEP5
    アクションを追加
  • STEP6
    スクリプティン
  • STEP7
    Appを開く(青色の文字の部分をタップ)

最後に登録したいカメラアプリを選択することで、ショートカットの作成が完了します。

このように工程は多いですが、よくカメラを利用する方にはとても便利なショートカットですので、ぜひ試してみてください。

メモやメール、LINEに共有可能!音声入力テキスト化アプリ

ふとしたときのメモに音声入力を利用する人も少なくないと思います。

従来はSiriに話しかける方法であったり、個々のアプリを開いて音声認識機能を使用したりと面倒でした。

しかし、この音声テキスト化ショートカットを活用することで、今までの面倒な作業から解放され、簡単にメモを取ったりLINEを送信したりすることができるようになりました。

  • STEP1
    具体的にはショートカットアプリの「+」ボタンをタップ
  • STEP2
    アクションを追加
  • STEP3
    検索窓に「音声」と入力
  • STEP4
    「テキストを音声入力」をタップ
  • STEP5
    聞き取りを停止(停止後・一時停止後・タップ時のいずれかを選択)
  • STEP6
    次へ
  • STEP7
    共有で設定完了

最後の「次へ」ボタンのすぐ下にある「・・・」からショートカットボタンをホーム画面に設置するとさらに便利に活用することができます。

また、「聞き取りを停止」で選択する項目を「タップ時」にすると、効率良く自分のタイミングで聞き取り停止することが可能になるのでオススメです。

インストール済みアプリならロック画面から操作可能

ショートカットアプリから起動したいアプリを即座に実行することができます。

この機能を使うことで、ロック画面からでも好きなアプリを開くことが可能になるのです。

  • STEP1
    ショートカットアプリから「ショートカット作成」
  • STEP2
    検索窓をタップ
  • STEP3
    「App」を選択
  • STEP4
    「Appを開く」をタップ
  • STEP5
    「ショートカットを追加」をタップ

これでアクションを追加することができ、アクションの「選択」で、iPhoneにインストール済みのアプリの中からショートカットに追加したいものを選択することで、簡単に設定することができます。

スポンサーリンク

ショートカットしたいアプリを選んだら、ショートカット時の名前を設定し完了です。

これで、ロック画面からウィジェットを開くだけで、好きなアプリを実行できます。

急な電源落ちを回避!バッテリーの長持ちに役立つアプリ

会社の仕事が長引いて、帰宅時にはiPhoneの電源が落ちていたり、充電を忘れて出かけたため、気付いたら電源が切れていたりすることも少なくないでしょう。

しかし、バッテリー消耗を抑える便利なショートカットアプリが登場したことで、完全にとは言えませんが、ふとしたときのバッテリー切れ予防に役立ちます。

iPhoneを頻繁に使う人必見!自宅からの距離で低電力モードONへ

バッテリーを長持ちさせたい人向けの機能です。

位置情報と連携させることによって登録地点からの距離を把握し、低電力モードをONに切り替えます。

  • STEP1
    個人用オートメーションを作成
  • STEP2
    出発
  • STEP3
    「現在地」をタップ(会社や自宅等の住所を入力することも可能)
  • STEP4
    低電力モードに切り替える有効範囲をマップで設定
  • STEP5
    検索窓に「低電力」と入力
  • STEP6
    「低電力モードを設定」をタップ
  • STEP7
    次へ
  • STEP8
    完了

このショートカットアプリを設定しておくことで、充電忘れによるバッテリー切れや移動中の頻繁なiPhoneの利用による激しいバッテリー消耗を回避できます。

とっても簡単!Wi-Fi・Bluetoothの完全OFF設定

Wi-FiやBluetoothの完全オフを実現するショートカットです。

簡単にWi-Fi・Bluetoothを完全に切ることで、バッテリーの省エネ化が可能になりました。

  • STEP1
    ショートカットを作成
  • STEP2
    検索窓に「Wi-Fi」と入力
  • STEP3
    「Wi-Fiを設定」をタップ
  • STEP4
    Wi-Fiのオン/オフ切り替えスイッチをオフにスライド(緑色から白色になればOK)
  • STEP5
    ショートカットの名前を設定(Wi-Fiオフ等の自分でわかるもの)
  • STEP6
    完了

上記ではWi-Fiに関して紹介しましたが、Bluetoothでも同じ方法で完全にオフにする設定ができます。

Siriからショートカットで実行もできますし、ウィジェットからの実行もできます。

ショートカットアプリはこれだけじゃない!!

比較的実用性の高いものをピックアップしてお届けしてきましたが、実際に色々なアプリを試してみることもオススメします。

300種類以上ものショートカット化できる便利アプリがあるので、ここで紹介したアプリ以外にも自分の利用目的に合ったものが必ずあるはずです。

また、オートメーションの使い方をマスターすると自分の行動に合わせてアプリをルーティン化させることができます。

「目覚ましのアラームが止まった時に○○する」や「自宅を出発した時に○○する」、「iPhoneが自宅のWi-Fiに接続した時に○○する」等々の予定行動を設定することで、生活がとてもラクになりますよ。

関連記事